ジュエリーの修理は、新たに作るよりも困難な場合があります。

本日のジュエリー。



お客様からお預かりしたカラーストーンのリング。

地金素材はシルバーです。

ご覧のとおり

カラーストーンが落ちてしまっています。

よく見ると、カラーストーンはラウンド(ほぼ真円)なのに

シャトン(石を乗せる台座)はオーバル形状。

なぜ?

オーバル形状のシャトンにラウンドの石を乗せ

無理やり爪で留めてしまったのでしょう。

これでは石落ちしてしまっても仕方ないですね。

これはシャトンの交換が必要です。

しかし、あまりにも繊細なデザインの為

シャトンを交換しようとすると

あちらこちらで不具合が出てきます。

更には腕部分がぶつけた衝撃で大きく変形。

このリングを再生させる為には

高い技術力と時間が必要になります。

以前にもお話しましたが

修理は新たにジュエリーを作るよりも

困難な場合が多いのです。

当然ながら作業の難易度に比例し

工賃も上昇していきます。

新たに同等品を購入した方が

出費を抑える事が出来るかもしれません。

design studio Emuでは作業前に

お見積をお出しし、お客様にご確認頂いています。

「それでも直したい。」

というお客様のお気持ちにお応えしたいと思っております。



修理完了。

カラーストーンはサイズと形状がきちんと合った

シャトン(台座)に収まりました。

爪の先端も引っ掛かりがない様に丸く仕上げています。

腕部分の変形も可能な限り修正。

地金が痩せない程度に表面を研磨するのもポイント。

ほぼ元通りの姿に再生出来たと思います。

作業は困難を極めましたが

「お預かりした時よりも良い状態でお返ししたい。」

というポリシーの元、作業させて頂きました。

 

先日はお忙しいところお越し下さいまして

誠にありがとうございました。

メンテナンス等、お気軽にお申し付け下さい。

またのご来店を心よりお待ちしております。

 

 

 

 

⇒ ジュエリーの修理&リフォームのご案内
⇒ ジュエリーの修理&リフォームの実例

吉祥寺 ジュエリー修理&リフォーム「 design studio Emu 」
東京都 武蔵野市 吉祥寺本町2-20-7 プレジオ吉祥寺202
TEL:050-3696-2666
お問い合わせ、ご来店お待ちしております。
タグ: | | | | | | | | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2018/03/18767/