ダイヤモンドの基礎知識

ダイヤモンドの基礎知識


「Emu」ではダイヤモンドの選び方として「実際に目で見てキレイなこと」を最も大切にしています。

お客様自身で実際にご覧になっていただき、美しい、綺麗、と感じたダイヤモンドをお勧めしております。

しかし、選ぶ目安としてダイヤモンドに対する公正な評価は必要不可欠なものです。

エンゲージリングを選んでいただく際に参考にしていただけるように

ダイヤモンドの評価基準につきまして「Emu」ならではのエンゲージリングの特徴も合わせてご紹介させていただきます。



ダイヤモンドの評価基準には「4C」という言葉があります。


Cut(カット)、Clarity(クラリティー)、Carat(カラット)、Color(カラー)

この4つの頭文字から「4C」と言われています。

「4C」によって価格、評価、もちろん見た目の印象も変わってきます。

日本では「4C」についてアメリカ宝石学会(GIA)のダイヤモンド品質評価基準を採用し、

鑑定機関において、有資格者と検査機器を使い一品ごと検査し品質を確定しており

日本で販売されているダイヤモンドは、全て同じ品質検査基準が採用されています。



1番目の「C」Cut(カット)


熟練した職人が一つ一つ手作業で58面を研磨しています。
カットの良いダイヤモンドを選びましょう。
理想的なプロポーションに近づくほど輝くダイヤモンドとなります。

Emuではエンゲージリングをお選びいただく際カットを重視したダイヤモンドをお勧めしております。

ラウンドブリリアントカットの評価はExcellentからPoorまでの5段階となります。

理想的なプロポーション(Excellent)から離れていく程、評価は低くなります。

Excellent → Very good → Good → Fair → Poor

ハートアンドキューピッド
最も理想的なカットグレードである「Excellent」の中でも

プロポーションとシンメトリー(対称性)に優れたダイヤモンドは

専用のスコープで見ると、

クラウン側(上部)からは8本のキューピッドの矢

パビリオン側(下部)からは8つのハートの模様が確認できます。


キューピッドが矢を射ることにかけて「H&C(ハート&キューピッド)」と呼ばれています。


ダイヤモンドシェイプ
ダイヤにはラウンドブリリアントカットはもちろん

ハートやペアシェイプオーバルカットなど様々な形があります。




鑑定書でカットの評価が出るのはラウンドブリリアントのみですが、

「Emu」ではハートなど他のシェイプの石も

エンゲージメントの石としてお客様にご提供いたしております。




2番目の「C」Clarity(クラリティー)


クラリティーはダイヤモンドの内包物の含有率を表します。

天然石であるダイヤモンドには内包物が存在します。

これには大きさ、数、位置などで11段階のグレードがあります。

クラリティ

クラリティ
ダイヤモンド選びの1つのポイントであるクラリティー


多くの宝石店では『VVSクラス以上を使用』と

クラリティー重要視している傾向にありますが、

Emuでは、どのような傷(内包物)があり

どの位置にどれくらいあるかが重要であると考えます。


ですから鑑定書に示されるクラリティーがVSクラスでも内包物の種類や位置によっては
SIクラスでもエンゲージリングに使用できると考えております。

ご予算に合わせIFまたはVVSクラスを選択されるか、SIクラスにして大きさや他のグレードを重視するか、
Emuではお客様のご希望に沿ったダイヤモンド選びをご提案することが可能です。




3番目の「C」Carat(カラット)


カラットはダイヤモンドの重さを表します。
1カラットは(0.2g)となります。

一般的に大きい(重い)ダイヤモンドほど稀少であり、より価値があるとされていますが大切なのはお客様の価値観です。
Emuではご予算内で可能な限り大きいものをご提案させて頂いております。




4番目の「C」Color (カラー)


ダイヤモンドというと透明なイメージだと思いますが、実は無色透明なダイヤモンドは多く有りません。
ですから、無色透明なものを最高ランクのDカラーとして、黄色みの強さに応じてアルファベット順にZカラーまでグレード付けされています。
この他にもファンシーカラーといったピンク・オレンジ・ブラウン・ブルー・グリーン様々なカラーがあります。

カラー


Emuではカラーについてはお客様にご覧頂いて納得できたカラーをお勧めしています。
なぜなら石を留めるリングの地金によって石の色が左右される場合や、輝きによって色が目立たない場合があるからです。

透明無色のDカラーFカラーも美しいですが、GHカラーでも十分エンゲージメントとして使用できると考えております。
あるいはファンシーカラーと呼ばれるものを選択することも可能です。




このようにブリリアントカットダイヤモンドは一般に「4C」と呼ばれるグレードで分けられていますが、

Emuではグレードだけでは判断できない美しいダイヤモンドをご提供させていただいております。


Emuでは日本国内の宝石鑑定機関による鑑定書をお付けしています。

ご希望によりまして、通常よりも小さく

保管も容易なカードサイズの鑑定書もご用意できます。

ご注文時にご相談下さいませ。


ご予算内で可能な限り最高のダイヤモンドを専門のバイヤーとご納得いくまで選択していただき、

少々お時間を頂いてしまいますが、お客様にとってより良いダイヤモンドを提供したいと考えております。

まずは「Emu」にて美しいダイヤモンドをご覧になって下さい。

皆様のお越しをお待ちしております。

Emu 婚約指輪title=