『初恋』宇多田ヒカル

前作『fantome』から1年9ヶ月ぶり。

デビュー20周年イヤーを飾るニューアルバム

『初恋』が満を持して発売されました。

デビューアルバムの『First Love』に対して

今回の『初恋』というタイトルの意味。

「初恋とは始まりであり、終わりでもある。」

なるほど。

聞けば聞くほど納得。



「私としては特にスタンスを変えたつもりもなく、むしろデビューの頃からいままで、歌っている主題は基本的に変わっていないと思っていて。」

ご本人がそうおっしゃっているとおり。

宇多田節全開です。

 

もちろん、

私達が知らないところで努力されてるでしょう。

でも、やっぱり「天才」なんだなって感じました。

才能があった上での努力。

「そりゃ素晴らしい音楽が出来るに決まってるじゃん!」

って、そんな簡単なものじゃないでしょう。

 

余談ですが、世代かもしれませんが

私はやっぱり音源だけではなく

こうしてCDとして手元に置いておきたいんです。

自宅の収納スペースは限られていますし

パソコンの中に

音源としてだけ存在すれば済むのかもしれませんが

こうして手元にある存在感がすごく好きなんです。

 

素晴らしいアルバムに仕上がっていますので

是非聴いてみて下さいね。

 

 

 

タグ: | |
パーマリンクURL: http://emu-jewelry.jp/2018/06/19338/