クラシックミニが帰って来た!

我が家のクラシックミニは1997年式。

家族の一員となって21年経ちました。



経年劣化によるパーツ交換は行って来ましたが

走行不能になった事は一度もありません。

もちろん、普段から主治医にしっかりとメンテナンスを

して頂いているからこそ。

しかし、今回の車検はちょっと様子が違いました。

発進時に前方から「バキッ!」っていう異音が・・・。

その異音は日に日に大きくなり

それと比例する様に私達の不安も大きくなりました。



走行不能になる前に車検と同時に入院。

診断の結果は・・・。

デフの破損でした。

特に負担が掛かる様な走りはしていませんが

97モデルはそれ以前と構造は同じでも

材質が変更されている可能性があり

デフの破損が多いらしいんです。

とは言うものの、21年も経ってますからね。

仕方ないと言えば仕方ないのかもしれません。

クラシックミニはその特殊な構造故に

デフの修理であってもエンジンを下ろさなければ

なりません。

エンジン下ろしたついでに全部オーバーホール!

なんて考えましたが、今は我慢。

安全に乗り続けるという選択をしました。



いつか娘が引き継いでくれる日まで

大切に乗り続けたいと思います。

いつも面倒見て下さっている主治医に感謝。

ありがとうございます!

タグ: | | |
パーマリンクURL: http://emu-jewelry.jp/2018/06/19183/