ホワイトゴールドのお手入れ方法をご存知ですか?

本日のジュエリー。



お客様からお預かりしたペンダントのチェーン切れを

修理させて頂きました。

地金素材はK18ホワイトゴールド。

K18ホワイトゴールドは75%がゴールド、

残り25%がパラジウムとシルバーの合金です。

メインはゴールドなのでイエローゴールドよりは

白っぽい色をしていますが

本来はやや白っぽい黄色が地の色なのです。

では、なぜ私達が普段目にするホワイトゴールドは

白く見えるのでしょうか?

それはロジウムメッキを表面にかけているから。

ホワイトゴールドの白さはロジウムメッキ無しには

成立しません。

今回お預かりしたペンダントのチェーンも

ロジウムメッキがかけられていました。

チェーンが切れた部分はロー付け(溶接)を行います。

その際、バーナーで火をかけるので

ロジウムメッキは剥がれてしまい地の色が出てきます。

よって、ロー付け作業が終わった後には

必ずロジウムメッキをかける工程が必要になります。

その分、どうしてもイエローゴールドやプラチナよりも

工賃が高価になってしまいます。

しかし、修理後に仕上げを行い

更にロジウムメッキをかけ直したジュエリーは

新品の様な輝きを取り戻します。

たとえ修理する箇所が無くても

こうしたメンテナンスを行う事で

再び美しいジュエリーを楽しむ事が出来るのです。

「なんとなく輝きが鈍くなったな~。」

宝石箱のジュエリーをご覧になりそう思われたら

仕上げ直し等のメンテナンスをご検討してみては

如何でしょうか?

 

先日は遠いところお越し下さいまして

誠にありがとうございました。

メンテナンス等、お気軽にお申し付け下さい。

またのご来店を心よりお待ちしております。

 

 

 

 

⇒ ジュエリーの修理&リフォームのご案内
⇒ ジュエリーの修理&リフォームの実例

吉祥寺 ジュエリー修理&リフォーム「 design studio Emu 」
東京都 武蔵野市 吉祥寺本町2-20-7 プレジオ吉祥寺202
TEL:050-3696-2666
お問い合わせ、ご来店お待ちしております。
タグ: | | | | | | | | | | | | |
パーマリンクURL: http://emu-jewelry.jp/2018/04/18930/