MAVIC COSMIC CXR80に他社製タイヤは装着出来るのか?

先日お借りしたMAVIC COSMIC CXR80ですが

「タイヤは賞味期限過ぎてるから交換して下さいね~。」

って言われていたんです。

WTSと呼ばれるMAVIC独自の

ホイールとタイヤをセットで開発する事で生まれた

MAVIC YKSION CXRを選択するのがベストなはず。

何故ならば、NACA(NASAの前身)による理論を取り入れ

空気抵抗を極限まで減らす事に成功した

ホイールとタイヤのセットだから。

でもね、

自分が好きなメーカーのタイヤ使ってみたいんです。

しかし、そこには大きな壁があります。

それは専用ブレードの存在。

MAVIC COSMIC CXRはホイールとタイヤの隙間を埋める

ブレードが存在します。

果たして他社製タイヤを装着した際に

専用ブレードは使用出来るんでしょうか?

せっかくだから使いたいなぁ。



って事で、まずはリム面のお掃除から。

チューブラータイヤを剥がすとこんな状態でした。

リムセメントがべったり・・・。

かなり手強そう。

東京サンエスさんから発売されている

リムセメントクリーナを使い丁寧に作業を進めます。



私はリムテープ派なので、ここまでやる必要がありました。

けっこう時間かかりましたが

ここまで綺麗になると達成感がありますね。(笑)



お気に入りのタイヤ

continental grand prix 4000sⅡを装着。

MAVIC YKSION CXRが23cだったので

25cではなく22cを選択。

この段階では問題なさそうですね。

ブレードを取り付ける溝も隠れたりしていません。



ブレードも問題なく装着出来ました。

ホイールとタイヤの隙間がなくなった!



別角度から。

ブレード装着前は装着する為の溝が露出しています。



ブレードを装着すると綺麗に隙間がなくなります。

見た目がすっきりするだけでなく整流効果が期待出来ます。

という事で、

MAVIC COSMIC CXR80に他社製タイヤは使用出来るのか?

という疑問に対する答えは

continental grand prix 4000sⅡ(22c)ならば全く問題ない。

でした。

さて、あとは試すだけ。

私の様な素人でも体感出来る程の違いがあるのか?

普段使いしているMAVIC COSMIC SLRと比較しながら

試乗してみたいと思います。

 

タグ: | | | | | | |
パーマリンクURL: http://emu-jewelry.jp/2018/04/18904/