クラシックミニのイグニションキーが回らない!

先日、買い物に出掛けた家内から

「ミニのエンジンがかからない!」

と電話がありました。

私まで慌てても仕方ないので落ち着いて状況を聞くと

どうやらイグニションキーが回らないらしい。

要するにハンドルロックしちゃってる感じ。

ならば、ハンドルを左右にこじりながら

イグニションキーを回せばエンジンはかかるはず。

しかし家内からは

「キーが回らない!」

という悲痛な声が。

幸い自宅から3km程の位置で立ち往生していたので

自転車でレスキューに向かいました。

「どうせハンドルを左右にこじりながら回せばエンジンかかるでしょ。」

なんて思いながら現地に到着。

運転席に腰を下ろし、いざイグニションキーを回す!

って、回らないじゃん!



ハンドルを左右にこじりながら回してもびくともしない。

こりゃヤバい・・・。

実は今までも何度かハンドルロックの状態が

解除出来なくて焦った事はあったのですが

今回は全然解除出来る気配無し。

ショップの社長に指示を仰ぎ

キーシリンダーに潤滑剤を入れキーを捻るも

びくともしません。

諦めました。

ショップの社長に来て頂き応急措置をして頂きました。

クラシックミニを知り尽くしているからこその処置であり

流石と言う以外ありません。

凄すぎて写真は掲載出来ませんが。(笑)



後日、パーツが入荷したと連絡を頂き

早速イグニションスイッチの交換をお願いしました。

滅多に壊れるパーツじゃないけど

こんな事もあるんですね。

「動きが怪しいな」

そう思ったら早目に対処した方が良いですね。

それにしても、20年前のクルマなのに

今でも新品のパーツが普通に購入出来るって驚異的な事。

本当にありがたいですね。

そして、クラシックミニを愛して止まない

メカニックさんの存在がなければ

私達はクラシックミニを楽しむ事が出来ません。

こんな状況に感謝しなければいけませんね。

って事で、時代は電気自動車に移行しつつありますが

私達はまだまだクラシックミニを楽しもうと思っています。

 

タグ: | | | |
パーマリンクURL: http://emu-jewelry.jp/2018/03/18607/