一言で「修理」と言っても、アプローチは様々です。

本日のジュエリー。

お客様からお預かりしたトンボのブローチ。

羽が取れてしまい可哀想な状態に・・・。



裏側を見るとブローチ金具の取り付け位置が

羽の両端になっていて負担がかかり

結果的に接地面積が少ない羽の根元が折れてしまうのです。

これを防ぐにはブローチ金具を付ける位置を変更し

羽自体に負担がかからない様にすれば良いのですが

それにはブローチ金具を変更する必要があります。

費用もその分アップしてしまいますので

私達の判断で勝手に作業を進める訳には行きません。

お客様と相談させて頂いた結果

今回は様子見で現状復帰という形になりました。



元通りの形になったトンボのブローチ。

素材がシルバーだった為ロー付けではなく

レーザー加工機を使用している為

工賃は多少高めになってしまいますが

シルバー製品を普通にロー付けしてしまうと

全体的に再仕上げを行わなければならないので

結果的にはレーザー加工機を使用した方が

工賃はリーズナブルになります。

一言で「修理」と言ってもアプローチは様々です。

私達はお客様とご相談させて頂きながら

その中でベストな方法を

ご提案させて頂きたいと思っております。



先日はお忙しいところお越し下さいまして

誠にありがとうございました。

メンテナンス等、お気軽にお申し付け下さいませ。

またのご来店を心よりお待ちしております。

⇒ ジュエリーの修理&リフォームのご案内
⇒ ジュエリーの修理&リフォームの実例

吉祥寺 ジュエリー修理&リフォーム「 design studio Emu 」
東京都 武蔵野市 吉祥寺本町2-20-7 プレジオ吉祥寺202
TEL:050-3696-2666
お問い合わせ、ご来店お待ちしております。
タグ: | | | | | | | | | |
パーマリンクURL: http://emu-jewelry.jp/2017/12/18064/