チェーンの丸カンがロー付けされていない理由。

本日のジュエリー。



お客様からお預かりしたネックレス。

チェーンと金具を繋ぐ丸カンが外れてしまったそうです。

この丸カン、

実はロー付けで固定されていないが多いんです。

手抜き?

いえいえ、ロー付けされていない理由があるんです。

それはチェーンが切れるのを防ぐ為。

チェーンが切れてしまうと構造やデザインによっては

修理が困難だったり、

場合によっては不可能な場合があります。

それを防ぐ為にチェーンと金具を繋ぐ丸カンは

あえてロー付けせずに出荷しているケースがあるのです。

とは言うものの、今回お預かりしたネックレスは

度々丸カンの口が開いてしまい

使えなくなってしまいました。

そこでお客様のご希望もあり

丸カンの口閉じ(ロー付け)をさせて頂きました。



全体的に軽く仕上げ直しとクリーニングを行っているので

地金のくすみも無くなり輝きを取り戻しました。

繊細なチェーンなので注意が必要ですが

これでまた、様々なシーンでお使い頂けると思います。



先日はお忙しいところお越し下さいまして

誠にありがとうございました。

またのご来店を心よりお待ちしております。

⇒ ジュエリーの修理&リフォームのご案内
⇒ ジュエリーの修理&リフォームの実例

吉祥寺 ジュエリー修理&リフォーム「 design studio Emu 」
東京都 武蔵野市 吉祥寺本町2-20-7 プレジオ吉祥寺202
TEL:050-3696-2666
お問い合わせ、ご来店お待ちしております。
タグ: | | | | | | | | |
パーマリンクURL: http://emu-jewelry.jp/2017/10/17723/