8インチの超小径車で「しまなみ海道」を走破!

ちょっと遅めの夏休みを頂いて

念願のしまなみ海道を走って来ました!

とは言うものの、

主目的は国体に参加する息子の応援なので

各島をのんびり探索しながら走る余裕はありません。

余裕ないのに選んだ自転車は

8インチの超小径折り畳み自転車のcarry me。

身体に触れる部分は自分好みに小変更していますが

ギヤ比も含めてどノーマル。



ロードバイクを持ち込もうと思ったりもしたのですが

しまなみ海道って片道70km位しかないんですよね。

「たった70kmしか走らないのにロードバイク必要?」

って考えちゃう時点でオカシイという噂が。(笑)



10:50

今治駅。

天気は秋晴れで最高!

ワクワクした気持ちを抑えきれずにスタートしました。

もちろんヘルメットとグローブ持参。

短パンの下にはレーパン履いてます。

パット見はカジュアルなスタイルでしたが

中身はシューズ以外はロードバイクに乗る時と同じです。



目的地はもちろんしまなみ海道の終点である尾道。

今回はナビ等々、地図的なものは何も用意していませんが

ブルーラインと呼ばれるガイドラインが引いてあるので

ナビや地図が無くても安心して走れます。

これ、素晴らしい事だと思います。



11:10

来島海峡大橋。

一般道に別れを告げて、いよいよしまなみ海道!

って、既に5~6km走ってるはずなのに

尾道まで69kmの表示。

まぁ、気にしない気にしない。(笑)



橋の中間地点で撮影。

いかにも瀬戸内海的な景色で本当に綺麗ですね。



11:35

大島。

さっき走って来た来島海峡大橋を眺めながら

息子が残して行った

賞味期限切れそうな補給食を流し込む。

ナビや地図は持ってきませんでしたが

補給食はゼリー2本とエナジーバーを3本を

バックポケットに突っ込んで来ました。

各島に飲料の自販機があるのは確認済みだったので

ボトルは持参せず。

っていうか、carry meにボトルケージ付けたくない。(笑)



12:10

伯方・大島大橋。

どこで写真を撮っても綺麗。

っていうか、空気が綺麗なんですよね。

東京の空とは全く別物。



12:27

伯方島。

伯方と言えば「伯方の塩」!

えぇ、もちろんソフトクリーム食べて来ましたよ。

やや塩気が感じられる程度で甘さとのバランスは絶妙。

疲れた身体にちょうど良い。



12:50

大三島橋。

いよいよ決戦の地、大三島に上陸。

って、戦うのは私じゃなくて息子ですが。(笑)



12:58

大三島。

翌日に行われる国体ロードレースのコース。

「トラック競技で不調だった息子は大丈夫だろうか?」

なんて考えながら舗装の状態や

グレーチングの有無を確かめながら走りました。

もちろん選手達は試走しているので

私が試走する必要ありませんが

なんとなく心配になっちゃうんですよね。



13:20

多々羅大橋。

いよいよ広島県に突入!



13:31

生口島。

先ほど走って来た多々羅大橋を眺めながら休憩。

とは言うものの、のんびり休憩している余裕は無く

先を急ぎます。



14:01

因島。

8インチの超小径車であるcarry meであることと

ビンディングペダルじゃない事がたたり

かなり疲れが蓄積されて来ました。

なんとなく「東京→糸魚川ファストラン」で

日本海に出てからの疲れと似た感覚でした。

因島は結構アップダウンがあり

更に海沿いに出れば浜風も強くなり

既にお腹いっぱいの状態。



15:01

因島大橋。

今回渡った橋の中で一番スケールの大きさを感じました。

車道の下に自転車道(二輪車道)と歩道が設置されていて

見晴らしは良くないのが難点。

早々に走り抜けました。



15:10

向島。

残りの距離も少なくなり、

いよいよフィナーレが近付いて来ました。

近付いて来たはず。

近付いて来てるんだよね?

時間も15時を過ぎて

「バスの時間に間に合うか?」

って少し不安になる。

バス。

そうそう、尾道から今治まで路線バスで帰るんですよ。

16時半に尾道駅出発のバスに間に合わせなきゃ!

っていうんで、ここからは必死にペダルを踏みます。

いや、ここまでも十分必死にペダル踏んでましたが

ここからは結構本気で走りました。

ブルーラインに描かれた残りの距離表示が

1kmずつ減って行くのを見る度に喜んでいるのは

末期症状ですね。(笑)

でも、残りの距離が減って行く割には

尾道の街っぽさが全然感じられないんです。

「大丈夫か?」

不安がピークに達した時、

ブルーラインには無情な文字が。

「自転車はフェリーを利用して下さい」

えぇ、フェリー乗るなんて聞いてないよ~!

って絶望感に打たれながら走っていると

突然目の前が開けました。



15:41

渡船。

道路の続きの様に

大きく口を開けた渡し船が待っていました。

そのまま突っ込み乗船。

料金は乗船してから支払うシステムで150円でした。

通勤通学にも普通に利用されている様で

地元の方々の足として活躍。

5分程で向こう岸に到着。



15:47

尾道。

なんとか16時前に着きました!

今治駅から尾道駅まで約5時間のサイクリングは

駆け足でしたが天候にも恵まれ最高でした。

途中、carry meを選んだ事を後悔しましたが(笑)

走り終えてみるとcarry meだからこそ味わえた

醍醐味が確実にありました。

とは言うものの、

ロードバイクであれば時間的な余裕が出来るので

それぞれの島をじっくり探索できるのは魅力でしょう。

また、レンタサイクルもあるので

気軽にサイクリングが楽しめるのも魅力です。

でも、私はどうしても自分の自転車で走りたかったんです。

そんな時にコンパクトなcarry meは飛行機輪行等々で

とても便利だったという事は間違いありません。

便利なだけでなく、きちんと走れる小径車だという事を

証明できたと言えるでしょう。



18:32

今治駅。

戻って来ました。

感無量。

しまなみ海道の素晴らしい景色に感動し

ホスピタリティの高さに感激しました。

お世辞抜きで

「また走りたい!」

て思えるしまなみ海道。

絶対にまた走りに行きます!

 

タグ: | | | | |
パーマリンクURL: http://emu-jewelry.jp/2017/10/17669/