たかが10mm、されど10mm。

ロードバイクにとってポジション出しはとても重要。

トレーニングを積んでパフォーマンスが向上しても

ポジションが合っていなければ

その向上したパフォーマンスを発揮する事が出来ません。

だからこそ、理想のポジションに近付けるべく

イルクオーレさんに作業をお願いしました。



ヘッドスペーサーは下に入っていません。

これ以上ハンドルの高さを下げるには

ヘッドキャップを交換となるのですが

OPERA LEONARDは特殊な構造故にヘッドキャップの交換が出来ません。

もう、これ以上は低く出来ないんでしょうか?



手で持っているのが標準装備のヘッドキャップ。

実際に装着されているヘッドキャップは

標準装備品よりも明らかに低くなっていますね。

でも、交換が出来ないヘッドキャップを

どうやって低くしたんでしょうか?

無いものは加工(製作も含む)してしまうんですね。

これが競技用機材を扱って来たメカニックの実力。

ご本人達は「当たり前」と思っていらっしゃる様ですが

私達にとっては「当たり前」ではありません。



イルクオーレさんのお二人に感謝。

いつもありがとうございます。

結果で恩返しが出来る様に親子で頑張ります!



bicicletta il cuore website
↓↓↓↓↓
http://ilcuore.tokyo/

タグ: | |
パーマリンクURL: http://emu-jewelry.jp/2017/05/16634/