息子がチェロのハードケースを買ってきた

うちの息子、

サイクリストのイメージが強いかもしれませんが

実はチェリストでもあります。

オーケストラで演奏しているわけではなく

学校の部活で活動していますが

親が想像してる以上に真面目に取り組んでいるらしい。

で、そんな息子はサイクリストだからなのかどうかは不明ですが

モノに対するコダワリが異常にあったりします。

所有しているチェロはルーマニア製。

お姉ちゃん(娘)が同じルーマニア製のヴァイオリンを使っているから

という事もありますが

他メーカーのチェロとしっかり弾き比べてから購入しました。

弓も付属のものでは満足できず

杉藤という日本のメーカーさんのものを購入。

弓については後日改めて書こうと思っています。

東洋楽器今日はケースのお話。

チェロ購入時に付属で付いてきたケースはソフトケース。

ソフトと言ってもフニャフニャしてるわけではありません。

強度がありチェロを簡易的に守るならば十分なはず。

でもね、週末には必ず自宅に持ち帰ってきます。

コンクールがあれば、それに伴う移動があります。

大切なチェロですから心配なんでしょう。

サイクリストが飛行機での移動時に

簡易的な輪行袋では心配なのと同じ心境でしょうか?

東洋楽器ネットで調べ

お店で実際に色々とお話しを聞いて悩んでました。

まぁ、楽しい悩みだから良いんでしょうけど。(笑)

ドイツ製とフランス製のものは高級すぎて息子のお小遣いでは

全く手が届きません。

圧倒的に安いのは○国製。

ハードケースって一般的にはグラスファイバー製なのですが

○国製のハードケースはカーボン製のものに手が届きます。

カーボンフレームの自転車に乗る息子ですから

当然ながらカーボン製のハードケースが欲しくなるわけです。

これは完全に病気ですね。(笑)

でもね、○国製のケースは万が一壊れても修理ができないって・・・。

耳を疑いました。

だって、壊れない保障なんてどこにもないんです。

なのに修理が出来ないなんて意味がわかりません。

かといって、

高額なドイツ製やフランス製のハードケースなんて買えません。

で、結論。

made in japan!

東洋楽器さんのハードケースに決まりです。

もちろん、お店の方もイチオシです。

東洋楽器○国製のケース、

このストラップが壊れたら終わりだそうです。

その点、東洋楽器さんならパーツもmade in japanですから安心。

万が一壊れても、しっかり修理できるそうです。

で、実際に操作してみると精度の違いに驚かされます。

○国製のは・・・。(以下、略)

東洋楽器肩掛けの一番負担がかかる金具のつくりも丁寧ですね

東洋楽器重量はメーカーさん公表値が約4kg

でも、実際には4kg切っているそうです。

今まで使っていたソフトケースが5kg以上あった事を考えると

かなりの軽量化。

移動が楽になりますね。

でも、軽量化されたケースは楽器を保護するウレタンのクッションが

必要以上に簡略化されてしまう事が多いみたいですが

東洋楽器さんのはしっかりしたクッションが装備されていました。

楽器を守る事が本来の役割ですから当然といえば当然ですね。

DSC_2167

○国製だから品質が低いなんて言いません。

made in japanだから品質が高いなんて言いません。

しかし、東洋楽器さんのハードケースは

made in japanの名に恥じない品質でした。

安いモノには理由があります。

「企業努力で・・・」

と言っても限界があるでしょう。

だからこそ、私達消費者は購入する前にしっかり調べ

実際に販売されているお店に行き

店員さんの話に耳を傾けるべきなのでしょう。

色々な意味で私も勉強になりました。

 

さて、念願のハードケースを手に入れたので安心したでしょう。

息子よ、心おきなく受験勉強に励んでください。(笑)

タグ: | | |
パーマリンクURL: http://emu-jewelry.jp/2014/08/7899/